ブログ(写真・ビデオ)


一般会員でも例会の写真・ビデオをブログとしてアップロードできます。

ブログ一覧

12月例会アルバム

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

5月例会 志賀高原スキー報告

5月例会報告

テーマ
「志賀高原の残雪を求めてスキーツアーを楽しみましょう」
                        報告者:柴田輝幸           
1、日時
  2017年5月3日(水)~5月5日(金)
2、場所
  志賀高原スキー場
  一の瀬、高天ヶ原、寺子屋、熊の湯、横手、渋峠、奥志賀
3、参加者
  男子4名、女子2名 合計6名

4、スキー日程
5/3(火)晴れ
 今回は全員が現地ホテル「志賀一の瀬荘」に前泊して充分な睡眠をとっている。
8:30ホテル前に集合。歩いて30秒のゲレンデから切符売り場に滑り込む。
全員シニアの2日券(7,000円)
一の瀬ファミリー正面ゲレンデで足慣らしのスキーでポジションの確認。
Y森さんとM子さんにビデオと写真の撮影を担当してもらう。
ここで3本滑り少し歩いて寺子屋スキー場へ移動。
ポール練習しているバーンを除いて、各コースを滑る。一通り滑った後、ビデオ撮影。
ゲレンデの雪が緩んできたので休憩タイムをとる。

寺子屋から高天ヶ原へ移動
例年こぶができるコースがあるので今年もチャレンジしてみる。
雪は緩んでいるがこぶが深いので、各自、自分のスキー技術に見合ったコースを選んで苦戦しながら滑る。
正面のコースは、大きなこぶは無いが、重たい抵抗のある雪にスキーを絡ませながら  
大回り、中まわり、小回りのすべりを試みてビデオに収める。
昼食は、一の瀬に戻り、宿泊ホテルのレストランで、スキーブーツを脱ぎ、くつろぎながらゆっくりと時間をかける。

午後は、まだ滑っていない一の瀬ファミリーゲレンデのコースを回る。
また、滑る人影まばらな一の瀬ダイヤモンドに行き、15時過ぎまで滑って本日のスキーは一旦終わる。
しかし、若手メンバーは更に16時過ぎまで体力に任せて滑っていた。

夜のミーティングでは、昼間のビデオを肴に技術論で盛り上がり、明日のすべりに活かすことになった。

5/4(水)晴れ
 8:30 車2台に分乗して熊の湯スキー場へ向かう。
   ゲレンデ駐車場のみならず、道路路肩にスキーヤーの車がひしめいている。
早朝スキーを終わって、帰る車の駐車スペース跡にかろうじて車を停め、ゲレンデまで歩いていく(熊の湯はこの歩く距離がつらい)
正面コースはモーグル専用バーンとなって規制されていたので、その他のコースを回る。昨夜のビデオで見た自分のすべりの欠点を意識したすべりを心掛けて再度、ビデオ撮りを行う。
一通りコースを回ったあとレストランで長い休憩をとる。
車で移動して横手山スキー場へ
駐車場の空きスペースを探しながら車を進めるも手ごろな空きスペースは目に入らず。とうとう渋峠スキー場の駐車場まで登って来た。ここの駐車場も満杯状態で、路肩にも駐車している車が延々と続いている。
やむなく駐車するのをあきらめて引き返す。
一台は路肩スペースを見つけて駐車した。
しかし、もう一台は横手山スキー場の入り口まで下りてきて探し回ったが見つからず。探し疲れてホテルに帰る。
午後は、結果的に二手に分かれて滑ることになった。
夜のミーティングで今日の滑りをビデオで確認して早い眠りにいついた。
 
5/5(木)晴れ
 4:30 3名が早起きして 5:30車一台で奥志賀高原スキー場へ向かう。
ホテルでは、残された3名が眠りについたままである。
6:00リフトのゲートが開くと、並んでいたスキーヤーの列が一斉に動きはじめる。
固くカチカチに圧雪されたフラットバーンの急斜面を滑り、エッジの奏でる音に酔いしれる。
ロープウエイのあるロングコースをノンストップで4本滑る。
ビデオカメラは、後ろからメンバー2名の後を追いかける。
8:00早朝スキー終了の放送を聞き下山する。

ホテルへ帰り遅い朝食をとり、10:00帰路に着く。

4月例会 野沢で技術アップ春スキー&試乗会

  4月の例会は技術選上位者の方と一緒に滑り技術アップを図るというテーマで野沢温泉スキー場で開催。宿泊したのは中尾の湯近くの内文荘(うちふみそう)。現地で合流した成瀬さん、井上晃さんを含め総勢10名が参加しました。4/3から春山営業期間に入っていたため、麓からのアクセスは長坂ゴンドラのみで、宿から車で長坂ゲレンデの駐車場(無料)へ移動。準備を整えゴンドラに乗り山の上へ。リフト券は春スキー価格で2日券での割引はないものの安めです(3,700円/日、シニア:2,900円/日)。

  事前の予報では雨が降りそうな気配でしたが、皆さんの祈りが通じたのか初日は晴れ間も見え、ビデオ撮影も好条件で実施。さらにお昼にはコースの間でオープンサンドを作って食べる雪上ランチを開催。午後はコブに挑戦する組とそれ以外の組みに分かれ、やまびこゲレンデを堪能し15時頃には合流して下山。その日の夜にはミーティング兼懇親会を行い、成瀬さんお手製のシミュレーション装置を使った滑走時の重心移動や角付け状況を確認したり、ビデオ撮影した自分たちの滑りを確認したりしました。

  2日目は朝からあいにくの雨。小雨だったため、希望者は予定通りスキー場主催の試乗会へ向かい、滑らない組は外湯の温泉巡りへ。試乗会では井上さんがスタッフとして働いておられるKEI-SKIをはじめとして、様々なメーカーのニューモデルを試すことができました。しかし、山頂付近はガスが出ていて視界不良。あまり思い切った滑りはできず。それでも結構な本数を滑り、お昼前にはスカイライン経由で下山。帰る頃には雨は上がり、バーン状況も良好で、気持ち良く滑り降りることができました。温泉組と合流して宿で解散。皆様お疲れ様でした。

  今回参加していただいた皆様ありがとうございました。特に、例会内容を想像以上に濃いものにしていただいた成瀬さん、お仕事の合間を縫って参加していただいた井上さんには多大なる感謝を申し上げます。

以下、写真と動画を載せておきます。


やまびこゲレンデのリフトを上ったところで、天気の良いうちにまずは記念撮影。


一度やまびこゲレンデを滑りリフトで山頂へ。そこでも記念撮影。


お昼は雪上でオープンサンド。材料は成瀬さんが準備してくださり、その場でレタスや生ハム、オイルサーディン、アンチョビ、クリームチーズなどを挟んで食べました。半熟のゆで卵もあり。軽いお酒で乾杯。


そのサンドイッチポイントでも記念撮影。


コブチャレンジ組の滑り。向かって右側に規則的なコブレーンがあり、最初は芝さん、その後方から成瀬さん、最後の方に井上さんの滑りが映っています。さすがの迫力ですね。


これは井上さん、成瀬さん、大村さん、柴田(信)の4人でコブでのトレインに挑戦した最初の映像で、井上さんの後ろから撮影。このときは間を空けすぎました。4回ほど順番を変えて挑戦し、2回目以降は良い感じにトレインになっていたと思います。アルコールの影響もあって体力的にはへろへろでしたが(苦笑)。


この日の帰りは牛首コース経由で下山。


夜のミーティング風景。


Wiiボードを2台使って得た足の荷重情報をパソコンで処理し、映像化してプロジェクタでリアルタイムに映し出すオリジナルのシミュレータを成瀬さんが用意してくださり、皆でそれに乗って自分の癖を確かめていました。ゲーム感覚で楽しめます。すばらしい! ちなみにスキーブーツや板を履いた状態の方がより操作はしやすくなるようです。


たまたま同じ宿にいらっしゃった富山の金山さん(KEI-SKI関係者で競技スキーのすごい人らしい)にもやっていただきました。さすがの滑りと飲み込みの早さ。シミュレータでも違いがわかります。


2日目の山頂付近はこのように霧模様。下山していくうちに視界は晴れ。よく締まったスカイラインのバーン状況と相まって、思いの外気持ち良く帰ることができました。


スカイライン途中の廊下を直滑降。

下界は視界良好で景色を楽しみながら下山。

以下は成瀬さんに撮影していただいた初日のビデオです。4箇所で撮影しました。
夜はこれらのビデオも観ながらミーティングをしました。

2月例会 バックカントリーで行く志賀高原