4月例会 野沢で技術アップ春スキー&試乗会

  4月の例会は技術選上位者の方と一緒に滑り技術アップを図るというテーマで野沢温泉スキー場で開催。宿泊したのは中尾の湯近くの内文荘(うちふみそう)。現地で合流した成瀬さん、井上晃さんを含め総勢10名が参加しました。4/3から春山営業期間に入っていたため、麓からのアクセスは長坂ゴンドラのみで、宿から車で長坂ゲレンデの駐車場(無料)へ移動。準備を整えゴンドラに乗り山の上へ。リフト券は春スキー価格で2日券での割引はないものの安めです(3,700円/日、シニア:2,900円/日)。

  事前の予報では雨が降りそうな気配でしたが、皆さんの祈りが通じたのか初日は晴れ間も見え、ビデオ撮影も好条件で実施。さらにお昼にはコースの間でオープンサンドを作って食べる雪上ランチを開催。午後はコブに挑戦する組とそれ以外の組みに分かれ、やまびこゲレンデを堪能し15時頃には合流して下山。その日の夜にはミーティング兼懇親会を行い、成瀬さんお手製のシミュレーション装置を使った滑走時の重心移動や角付け状況を確認したり、ビデオ撮影した自分たちの滑りを確認したりしました。

  2日目は朝からあいにくの雨。小雨だったため、希望者は予定通りスキー場主催の試乗会へ向かい、滑らない組は外湯の温泉巡りへ。試乗会では井上さんがスタッフとして働いておられるKEI-SKIをはじめとして、様々なメーカーのニューモデルを試すことができました。しかし、山頂付近はガスが出ていて視界不良。あまり思い切った滑りはできず。それでも結構な本数を滑り、お昼前にはスカイライン経由で下山。帰る頃には雨は上がり、バーン状況も良好で、気持ち良く滑り降りることができました。温泉組と合流して宿で解散。皆様お疲れ様でした。

  今回参加していただいた皆様ありがとうございました。特に、例会内容を想像以上に濃いものにしていただいた成瀬さん、お仕事の合間を縫って参加していただいた井上さんには多大なる感謝を申し上げます。

以下、写真と動画を載せておきます。


やまびこゲレンデのリフトを上ったところで、天気の良いうちにまずは記念撮影。


一度やまびこゲレンデを滑りリフトで山頂へ。そこでも記念撮影。


お昼は雪上でオープンサンド。材料は成瀬さんが準備してくださり、その場でレタスや生ハム、オイルサーディン、アンチョビ、クリームチーズなどを挟んで食べました。半熟のゆで卵もあり。軽いお酒で乾杯。


そのサンドイッチポイントでも記念撮影。


コブチャレンジ組の滑り。向かって右側に規則的なコブレーンがあり、最初は芝さん、その後方から成瀬さん、最後の方に井上さんの滑りが映っています。さすがの迫力ですね。


これは井上さん、成瀬さん、大村さん、柴田(信)の4人でコブでのトレインに挑戦した最初の映像で、井上さんの後ろから撮影。このときは間を空けすぎました。4回ほど順番を変えて挑戦し、2回目以降は良い感じにトレインになっていたと思います。アルコールの影響もあって体力的にはへろへろでしたが(苦笑)。


この日の帰りは牛首コース経由で下山。


夜のミーティング風景。


Wiiボードを2台使って得た足の荷重情報をパソコンで処理し、映像化してプロジェクタでリアルタイムに映し出すオリジナルのシミュレータを成瀬さんが用意してくださり、皆でそれに乗って自分の癖を確かめていました。ゲーム感覚で楽しめます。すばらしい! ちなみにスキーブーツや板を履いた状態の方がより操作はしやすくなるようです。


たまたま同じ宿にいらっしゃった富山の金山さん(KEI-SKI関係者で競技スキーのすごい人らしい)にもやっていただきました。さすがの滑りと飲み込みの早さ。シミュレータでも違いがわかります。


2日目の山頂付近はこのように霧模様。下山していくうちに視界は晴れ。よく締まったスカイラインのバーン状況と相まって、思いの外気持ち良く帰ることができました。


スカイライン途中の廊下を直滑降。

下界は視界良好で景色を楽しみながら下山。

以下は成瀬さんに撮影していただいた初日のビデオです。4箇所で撮影しました。
夜はこれらのビデオも観ながらミーティングをしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です